自分の郵便受けに何かが入ったら知らせるシステムを作りたい

TUT / ESP8266 Advent Calendar 2015 19日目の記事です。

自己紹介はこちらから。

すべては
「郵便受けに何かが入ったらスマフォにプッシュ通知してくれるシステムがほしい」
というツイートから始まりました。(諸事情によりアカウント非公開)

ESP-WROOM-02が手に入ったことで、普段ネットに繋がっていないものを繋げられる機会を得ました。また、ここから新たな可能性が見えてきました。

ある日、自分の郵便受けに封筒が入っているのを見て、上記のツイートのようなことを思いつきました。

郵便受けに郵便物などが入ると投入口のふたが動くので、その動きを距離センサなどで検出すれば、MCU(マイコン)は投函されたことを知ることができます。投函されるたびに、無線LAN経由でWebサービスに接続しリクエストを送れば、スマートフォンにプッシュ通知を送ることができるはずです。

そこで、「自分の郵便受けに何かが入ったら知らせるシステム」を作ってみました。

Continue reading 自分の郵便受けに何かが入ったら知らせるシステムを作りたい

ESP-WROOM-02を使ってみる

この間aitendoに寄った際にESP-WROOM-02I2Cキャラクタ液晶モジュールなどを買ったので、使ってみました。

ESP-WROOM-02はCPUからRF回路まですべて一体となっているモジュールなので、別のマイコンから制御する必要はありません。GPIO、UART・I2Cなどシリアル通信、A/D変換も備えていてワンチップマイコンと同じ感覚で使うことができます。さらにArduino IDEで開発できてしまうため、短時間でのプロトタイピングが可能です。

以下はESP-WROOM-02をWiFiアクセスポイントとWebサーバーとして動作させ、またWebページのフォームに入力した文字列をI2Cキャラクタ液晶モジュールに表示させるプログラムです。
サンプルスケッチなどを参考にして作成しました。

Continue reading ESP-WROOM-02を使ってみる

展示会終了!

学祭2日目(昨日)の展示が終わりました。これで今年の学祭は終了です。

IMG_20151011_165911

2日目も多くの方に興味を持ってもらえて、とても嬉しく思います。

一応、一段落ついたところですが、クアッドコプタープロジェクトはこれで終わりではありません。
機体が浮上して、操作できるようになるまで続きます。

機体制御のプログラマーとして、もっと制御について学ばなければ…

もうすぐ飛びそう!と思ったら…

前の記事に引き続き、サークルで作っているクアッドコプターの製作記です。
こないだ、ついに機体が出来上がりました。優秀な後輩のお陰です。

DSC06422rs

マイコンにプログラムを書き込み、体育館でテスト飛行。もしかしたら浮くかもしれない…と思ったものの
横滑りや横転を繰り返し、あらぬ方向に行ってしまうばかりでした。制御の難しさを痛感させられました。

時期的に学祭(10/10)の展示までに機体を浮かせるのは無理ですが、物だけでも展示しようと思います。
クアッドコプタープロジェクトは今後も続きます。

最近のプロジェクト

こんばんは

コンピュータクラブというサークルに所属しており、その中の電子回路班でクアッドコプターを製作する
プロジェクトを進めています。10月の学祭までには見せられるモノとして作っていく予定です。
ちなみに私はプログラム担当です。

IMG_20150928_184344

中央にあるのが制御用の回路基板。製作は後輩。
奥にあるのがコントローラーであるプロポ。

マイコンはLPC1769(ARM Cortex-M3)とATmega328P(AVR)。
キャラクタLCDと加速度・ジャイロセンサはI2C接続。

学祭が迫っているとはいえ、まだまだこれからです。

だんだんと成果物が出来上がってゆく様子を見るのはなかなか楽しいものがあります。
複数人でのモノづくりなプロジェクトは適度な充実感を与えてくれます。

ではまた